名駅街協とは

名駅街協概要シート

私たち名古屋駅地区街づくり協議会(名駅街協)とは、
名古屋駅地区を多くの方が訪れ・働き・学び・住みたい街にするために、魅力向上を共に考え、提言し、活動する団体です。

設立趣意 2008年3月

名古屋駅地区は、明治19(1886)年の旧国鉄駅舎の開業に始まり、新幹線・JR・私鉄・地下鉄などのターミナルや、
都市高速道路・中部国際空港への良好なアクセスを有することで、国内の都市では比類ない結節点の機能を担って参りました。
一方、エリアにおける都市機能の多様化は積極的に図られず、歩行者空間・車両交通流・景観・安全・環境面等、
順次解決すべき、様々な課題を抱えております。
また、社会・経済面では都市間競争の激化、少子高齢化に伴う労働力人口の減少、企業の統合や淘汰、ビルの環境負荷低減ニーズ等、
多種多様な情勢に対峙しております。
街が将来に亘って持続的に発展するためには、私たち地権者が協力してこれらの課題や情勢に対処することが必要です。
私たちは、計画的な街づくりの重要性を共通認識とした上で、国際交流や中部圏における地域間連携を視野に入れつつ、
名古屋駅地区を多くの方が訪れ・働き・学び・住みたい街にするために、魅力向上を共に考え、提言し、活動します。

街づくり宣言 2010年4月

日本の真ん中に位置する中部圏は、自然に恵まれ、特徴ある歴史、文化、経済に支えられた日本三大都市圏の一つです。
とりわけ、地元では「名駅(メイエキ)」の愛称でよばれている名古屋駅地区は、そのゲートウェイとして、
世界や国内の人、物、情報をつなぐ非常に重要な「役割」を担っています。
私たちは、この歴史に流れる「進取果敢な精神」を受け継ぎ、魅力あふれる街「名駅」を創り、育て続けます。

  1. 「名古屋らしさ」を感じ取れる街・名駅を創造します。
  2. 名駅に住み・働き・学び・商うさまざまな人と「手を携えて」実現します。
  3. 名駅は、国際都市名古屋を牽引する「役割」を担い続けます。
  4. 名駅だけでなく、周辺地域や中部圏を含めた「地域の価値向上」を目指します。

街の将来像2025

  1. 世界に開けた中部圏のゲートウェイとして経済活動や交流機能を支える街
  2. 魅力的な歴史・文化・娯楽・観光等に支えられたビジネス・商業中心の街
  3. ターミナル駅を中心に賑わいが続く、いつでも安全・安心・快適な街
  4. 環境都市名古屋、デザイン都市名古屋を牽引する先駆的な取り組みを続ける街
  5. 地区内コミュニティーや地域間連携により、皆が協力して一緒に育てていく街

対象エリア

JR名古屋駅(広小路口)を中心に東西約1.0km、南北1.5kmの楕円状の範囲

対象エリア

ガイドライン

名古屋駅地区サイン設置ガイドブック

会の構成

組織図

組織図

各委員会・WG紹介

事業企画委員会

規制の緩和を指向しつつ、地元を意識した街歩き・賑わいづくりや美化活動を実施しています。

(写真:おもてなし花だん)

事業企画委員会

都市再生委員会

街の将来像を話し合い、その実現に向けた戦略を検討しています。名古屋駅地区街づくりガイドライン2014と実現するための行動計画を策定しました。

(写真:ワークショップの様子)

都市再生委員会

運営委員会

組織のあり方、強化、拡大策を検討したり、他団体との連携を目指した活動をしています。

(写真:福岡・長崎視察)

運営委員会

安心・安全街づくりWG

行政と連携してエリアの防災・減災能力の向上を目指しています。

(写真:パートナーシップ協定締結)

安心・安全街づくりWG

公共的空間利活用WG

公共的空間を活用し、民間収益事業の検討と実施により、持続可能な事業スキームの検証を行っています。

(写真:左=フラッグバナー、右=歩行者案内板)

公共的空間利活用WG

会員情報

正会員名

五十音順

2017年4月現在

賛助会員

五十音順

2017年4月現在

入会の資格

本会の会員は、本会の目的及び活動の趣旨に賛同する、次の種別の会員を持って構成しています。

本会の運営は、協議会の目的に賛同し入会した会員の会費で行っています。

正会員 賛助会員
資 格 正会員は、対象エリア内の地権者等で、本会の事業の推進に貢献するもの。 賛助会員は、正会員の資格は満たさないが、本会の事業の推進を支援するもの。
年 会 費 100,000円 50,000円

ロゴ・マークへの思い

ロゴマーク

MEIEKI(名古屋駅の愛称:名駅)の「M」をモチーフに、名古屋駅地区の街並をデザイン。そびえ立つ高層ビルや広がる地下街など、現在の名駅の姿のほか、ビル同士をつなぐ線は空中歩道を表現し、未来の姿もイメージさせます。

メッセージ

「WELCOME TO MEIEKI」の造語。来訪者に向けておもてなしの心「WELCOME(ようこそ)」と、自分が働く・住む・学ぶ・商う、愛着心「ME(私の街)」の2つの意味を持ったメッセージをデザインしました。

テーマカラー

ゴールド「過去の名古屋」 ゴールド:
「過去の名古屋」 清州越しから始まった400年の歴史あるまち。
ホワイト「現在の名古屋」 ホワイト:
「現在の名古屋」 他都市と比較して派手さのない堅実な印象のまち。
グリーン「未来の名古屋」 グリーン:
「未来の名古屋」 白いまちから緑のまちと言われるような緑豊かなまちへ。

ロゴ・マーク

会報

活動紹介

お問合せ

名古屋駅地区街づくり協議会 事務局  (東和不動産 株式会社 内)

お名前
メールアドレス
お問合せ内容


(確認画面は表示されませんのでご注意ください)

会員企業・賛助会員企業・サポーター専用ページです。

ログインできませんでした。

ID
PASS