国家戦略特区 道路占用事業

目的

中部圏の玄関口である名古屋駅地区において、多言語対応で多機能な歩行者案内板の設置等により、
滞在者や国内外からの来訪者の利便性を高める等、国際競争力の強化や国際的な経済活動の拠点の形成を図り、
スーパーターミナルの玄関口のおもてなし機能を強化する。

事業エリア

事業エリア

フラッグバナー広告

対象エリアにおいて、名古屋市の街路灯を利用したフラッグバナー広告を掲出できます。
名駅通、桜通の2ブロックに掲出ができ、街との一体感とスケール感が演出できる広告媒体です。

詳しくはこちら
エリアマネジメント広告の募集について

フラッグバナー広告

工事用仮囲い広告

対象エリアにおいて、ビルの再開発などによる工事用仮囲いを利用した「仮囲い広告」が掲出できます。仮囲い広告は、非常に大きなスケールの広告面を活用できるため、歩道、車道からも視認性が高く、インパクトのある効果が期待できる広告媒体です。

  • ※仮囲い広告を掲出する際は、事前に地権者との協議が必要となります。
  • ※事業エリア内で道路占用する工事仮囲いに広告を掲出したい場合は、当協議会までお問い合わせください。
工事用仮囲い広告

広告付歩行者案内板

事業エリアにおいて、来街者の利便性の増進を図るため、民間活力を導入し多機能な広告付案内板を4か所設置しています。

  • ※広告掲出については、各事業者にお問い合わせください。
【A/D地点】長田広告(株)
広告付歩行者案内板
【B/C地点】エムシードゥコー(株)
広告付歩行者案内板

会員企業・賛助会員企業・サポーター専用ページです。

ログインできませんでした。

ID
PASS